2010年01月29日

司法書士

不動産や法人の登記申請手続きや裁判所、検察庁、法務局に提出する書類作成が司法書士の仕事。
司法書士として業務を行うためには、司法書士会へ入会後、日本司法書士会連合会が行う司法書士名簿への登録を受けなければならない。

資格の種類
受験資格
前回の受験者数
難易度
国家資格
なし
26.860人
★★★★★

受検資格
年齢、性別、学歴などの制限はなく誰でも受験できる
試験内容

●筆記試験
午前の部(多肢択35問 、2時間
1.憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野に関する法令
含む)
午後の部(1.〜3.多肢択…各35問、1.のみ記述2.問あり、3時間)
1.不動産登記、商業(法人)登記に関する知識(登記申請書の作成に関する知識
2.供託ならびに民事訴訟、民事執行、民事保全に関する知識
3.司法書士第3条第1校第1号から第5号までに規定する業務を行うのに必要な知識および能力
●口述試験(筆記試験の合格者のみ)
試験範囲は筆記試験科目と同じ
▼ポイント
1.前年度の筆記試験合格者は、本年度に限り筆記試験を免除
2.午前の部、午後の部の多肢択一問題および記述問題のいずれかが基準点に達しない場合は不合格

試験日
筆記試験…7月上旬
口述試験…10月中旬
試験地
法務局または地方法務局が指定した場所
申し込み
筆記試験を受験しようとする試験場の所在地を管轄する法務局、または地方法務局の総務課に直接郵送で受験申請書を提出
申し込み期間
5月中旬〜下旬
受験料
6.600円(収入印紙)
問い合わせ先
各管区法務局または各地方法務局総務課
法務省各ウェブサイトから各管区法務局へのリンクが可能
http://www.moj.go.jp/

司法書士に関連する書籍

posted by 資格取得 at 18:46 | 司法・法務