2010年02月01日

法科大学院統一適正試験

適正試験は法科大学院での教育に不可欠な基礎能力となる判断力、思考力、分析力、表現能力などの資質を判定する試験。
法科大学院志願者にはその受験が義務づけられているが試験結果の採用方法は各法科大学院により異なっている。

資格の種類
受験資格
前回の受験者数
難易度
民間資格
なし
10.798人
--

受験資格

誰でも受験できる
▼ポイント
適正試験は日弁連法務研究財団・商事法務研究会共催の法科大学院適正試験がある。各法科大学院の受験資格は、それ
ぞれの法科大学院の基準・判断による

試験内容

1.第一部(多肢択一・マークシート方式
論理的判断力を測る問題(40分)
2.第二部( 多肢択一・マークシート方式 )
分析的判断力を測る問題(40分)
3.第三部(多肢択一・マークシート方式 )
長文読解力を測る問題(40分)
4. 第4部(論述式)
表現力を測る問題(40分)
▼ポイント
論述の採点は各法科大学院の判断に委ねられる

試験日
6月上旬
試験地
札幌、仙台、東京、神奈川、新潟、金沢、名古屋、京都、大阪、
兵庫、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、沖縄
申し込み
1.願書郵送
2.ウェブサイトより申し込み
3.セブンイレブン各店→マルチコピーから
申し込み期間
4月上旬〜5月上旬(申し込み方法により異なる)
受験料
10.500円
問い合わせ先
適正試験委員会事務局
東京都中央区日本橋芽場町3−9−10
芽場町ブロードスクエアー2F
http://www.jlf.or.jp/


posted by 資格取得 at 18:39 | 司法・法務