2010年02月01日

家庭裁判所調査官補T種

各家庭裁判所に配属され、直ちに裁判所職員総合研修所に入所し、約2年間にわたる養成研修所経て、家庭裁判所調査官に任命される。家事事件の当事者や少年事件の少年、保護者に面接するなどし、紛争の原因や少年が非行に至った動機などの調査を行うのが主な仕事です。

資格の種類
受験資格
前回の受験者数
難易度
国家資格
年齢等
1.077人
★★★★★

受験資格
受験する年の4月1日現在、満21歳以上30歳未満の者
試験内容
●第一次試験
1.教養試験…一般的知識・能力(択一式40題、2.5時間)
2.専門試験…専門的知識・能力(記述式6題、2.5時間)
心理学等、社会学等、社会福祉学等、教育学等の4分野から
1分野を選択
●第二次試験
教養試験…課題に対する意見・理解力(論文式1題、1時間)
専門試験…専門的知識・理解の応用力 (論文式2題、2時間)
臨床心理学、発達の心理学、社会心理学、家族社会学、社会
病理学、社会福祉援助技術、児童福祉論、老人福祉論、
教育方法学、教育心理学、教育社会学、民法、刑法から2科目
を選択→但し児童福祉論と老人福祉論は同時に選択不可
3.口述試験(個別面談)
試験日
第一次試験…6月上旬
第二次試験…教養→第一次試験と同日
専門…6月下旬 口述…6月下旬
試験地
札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、
福岡市、那覇市
(第一次を那覇市で受けた者の第二次口述は福岡市)
申し込み
第一次を試験の受験希望地にある家庭裁判所(9ヶ所)に
申込書を郵送
申し込み期間
4月上旬〜中旬
合格発表
7月上旬(最終合格者発表)
問い合わせ先
最高裁判所事務総局人事局任用課試験第二係
東京都千代田区隼町4−2
http://www.courts.go.jp/


posted by 資格取得 at 19:38 | 司法・法務