2010年02月01日

裁判所事務官T種・U種

裁判事務や一般事務に従事する初級係員の採用や試験。
採用されると裁判所書記官のもとで各種裁判事務を担当したり
事務局において庶務、人事、会計などの事務に従事する。
試験を受けて裁判所書記官となるケースもある。


資格の種類
受験資格
前回の受験者数
難易度
国家資格
年齢等
1.570人
★★★★★

受験資格
受験する年の4月1日現在、満17歳以上21歳未満の者
※日本の国籍を有しない者、国家公務員法第38条に
該当する者は受験できない
試験内容
●第一次試験
1.教養・適正試験(択一式、1時間50分)
一般的な知識(国語、数学、理科、社会、英語などの知識)と
一般的な能力(判断推理、数的推理などの能力)
2.作文試験(50分)
文章による表現力、課題に対する理解力
●第二次試験
口述試験…個別面談
▼ポイント
作文試験の評定は、第一次試験の合格者決定には考慮しない
試験日
●第一次試験…9月中旬
●第二次試験… 10月下旬〜下旬
試験地
札幌、仙台、東京、神戸、大阪、広島、高知、福岡、那覇など
全国の50都市
(第一次試験、第二次試験は同一の試験地で受験)
申し込み
第一次試験の受験を希望する試験地にある地方裁判所
(50ヶ所)願書を郵送する
申し込み期間
7月中旬〜下旬
合格発表
11月中旬(最終合格発表)
問い合わせ先
最高裁判所事務総局人事局任用課試験第二係
東京都千代田区隼町4−2
http://www.courts.go.jp/

裁判所事務官T種・U種に関連する書籍


posted by 資格取得 at 20:18 | 司法・法務