2010年03月01日

介護福祉士

日常生活を営む上で支障がある人々に対して専門的知識や技術をもって、心身の状況に応じたサポートをする。
急速に進む高齢化社会に対応するため介護福祉士には幅広い知識と技術が求められる。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
実務経験
142.765人
★★★

受験資格
1.規定の施設などの介護職員として3年以上の介護業務に従事した者
2.福祉系の高校または中等教育学校(専攻科含む)で所定のカリキュラムを修めた者
▼ポイント
1.実務経験で必要な従業期間は1.095日以上、従事日数は540日以上
2.専攻科については、NHK学園などが行っている2年間の通信教育がある。
試験内容
【筆記試験】
1.社会福祉概論
2.老人福祉論
3.障害者福祉論
4.リハビリテーション論
5. 社会福祉援助技術(演習を含む)
6. レクリエーション活動援助法
7. 老人・障害者の心理
8. 家政学概論
9. 医学一般
10. 精神保健
11. 介護概論
12. 介護技術
13. 形態別介護技術
【実技試験】
介護等に関する専門的技能
▼ポイント
実技試験は介護技術講習を修了すると申請により免除される。
詳細は日本介護福祉士養成施設協会のウェブサイトより
試験日
筆記試験…1月下旬
実技試験…3月上旬
試験地
筆記試験…全国各地の主要都市(19ヶ所)
実技試験…全国各地の主要都市(12ヶ所)
申し込み
所定の書類を社会福祉振興・試験センターに提出
受験料
12.800円
問い合わせ先
(財)社会福祉振興・試験センター
東京都渋谷区渋谷1丁目5番6号 SEMPOSビル
http://www.sssc.or.jp/index_2.html

介護福祉士に関連する書籍

posted by 資格取得 at 20:08 | 福祉・医療