2010年03月03日

ホームヘルパー

高齢者や障害者に対し、自宅や通所施設などで食事、排泄、買い物などの身体介護、調理、洗濯などの家事援助、精神面での支援を行う。ホームヘルパーになるには、都道府県が指定した研修事業所において、国が定めた訪問介護員養成研修課程を修了する必要がある。


資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
公的資格
なし
--
--

受験資格
【3・2級】
誰でも受講できる
【1級】
2級課程修了後、1年以上の実務経験者
試験内容
【3級】(履修時間50時間)
【講義】社会福祉に関する知識ほか
【実技演習】ホームヘルプサービスの共通理解ほか
【実習】在宅サービス提供現場見学
【2級】(履修時間130時間)
【講義】福祉サービスの基本視点ほか
【実技演習】共通的理解と基本的態度の形成ほか
【実習】介護実習、在宅サービス提供現場見学ほか
【1級】 (履修時間230時間)
【講義】社会福祉関連の制度とサービスほか
【実技演習】指導技術と介護技術の向上ほか
【実習】 デイサービス実習、チームケアの実習ほか
▼ポイント
介護職員については、将来的に国家資格である介護福祉士を基本とすることをふまえて、「介護職員基礎研修」(約500時間)が2006年度後半からスタートしており、現在の訪問介護養成研修課程は、今後介護職員基礎研修に一元化される予定
試験日
各研修機関による
試験地
全国各地
申し込み
各研修機関による
問い合わせ先
各市町村の福祉担当課、福祉公社、社会福祉協議会、福祉人材センター、在宅介護サービス企業・事務所
 
 

ホームヘルパーに関連する書籍

posted by 資格取得 at 17:39 | 福祉・医療