2010年03月03日

ケアクラーク

介護福祉分野における介護保険事務にかかわる資格。介護のコミュニケーションをはじめ、社会福祉、介護概論、介護報酬請求事務など在宅介護支援センター、訪問介護ステーション、介護保険施設などで働く事務職にとって重要な職業能力が評価、認定される。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
実務経験など
6.232人
★★

受験資格
1.教育機関等が行う教育訓練のうち、認定委員会が認定規程により定める「クラーク技能認定試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」に適合すると認めるものを履修した者
2.介護事務職として6ヶ月胃yぞうの実務経験を有する者
試験内容
【学科】(25問、50分)
介護事務一般知識(筆記、択一式)
1.人間関係(コミュニケーション)
2.老人・障害者の心理
3.社会福祉
4.老人福祉
5. 地域福祉
6. 社会福祉援助技術
7. 介護概論
8. 介護技術・障害形態別介護技術
9. リハビリテーション
10. 医学一般
11. 介護保険制度
12. 介護事務技術
【実技】(2問、60分)
介護報酬請求事務…介護給付費明細書作成
▼ポイント
学科試験、実技試験とも、テキストや介護給付費単位数等サービスコード表などの参考資料を見ることが出来る。
試験日
4月、6月、8月、10月、12月、翌年2月
試験地
各都道府県の公共施設など
申し込み
日本医療教育財団支部へ1.〜3.を郵送または持参
1.所定の受験申込書
2.実務経験または認定委員会が定める教育訓練ガイドを履修したことを認める証明書
3.受験料
受験料
6.000円
問い合わせ先
(財)日本医療教育財団ケアクラーク技能認定試験係
東京都千代田区猿楽町2-2-10
http://www.jme.or.jp/

ケアクラークに関連する書籍


posted by 資格取得 at 18:29 | 福祉・医療