2010年03月03日

手話技能検定試験

手話技能のレベル判定とさらなる技術の向上を目的とした検定。レベルに応じた級分けがされている。
通常試験のほかに、自宅のインターネットから受験できるIBT試験や任意の日時・場所で受験できる集団受験制度がある。


資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
10.423人

受験資格
誰でも受験できる(2・準1・1級は1つ下の級を合格している者)
試験の水準
【7〜5級】習い始めの人のステップアップ級
【4〜3級】 簡単な接客の会話が可能なレベル
【準2・2級】さまざまな専門分野での会話が可能なレベル
【準1・1級】 通訳や手話インストラクターも可能なレベル
試験内容
【7級】(記述式)…指文字のイラストの読みとり
【6〜3級】(マークシート・4択)…ビデオ映像の手話読みとり
【準2級】(マークシート方式 ・4択、記述)
1.ビデオ映像の手話読みとり
2.ビデオ映像の手話読みとりと文章書き取り
【2級】(面接)…課題文表現と質疑応答
【準1級】(記述)…ビデオ映像の手話読みとりと文章書き取り
【1級】課題表現とグループディスカッション
試験日
【7級】随時
【6〜準2・準1級】3月、6月、11月(予定)
【2・1級】4月、7月、11月(予定)
試験地
【7級】在宅受験
【6〜準2・準1級】仙台、東京、名古屋、大阪、福岡
【2級】東京、名古屋、大阪
【1級】東京、大阪
申し込み
手話技能検定協会へ申し込み用紙を郵送、ウェブサイトより申し込む
受験料
【7級】1.200円
【6級】 2.500円
【5級】 3.500円
【4級】 4.000円
【3級】4.500円
【準2級】5.000円
【2級】7.000円
【準1級】8.000円
【1級】10.000円
問い合わせ先
NPO手話技能検定協会
東京都中央区日本橋小舟町6-13 日本橋小舟町ビル5F
http://www.shuwaken.org/

手話技能検定試験に関連する書籍


posted by 資格取得 at 19:17 | 福祉・医療