2010年03月05日

義肢装具士

交通事故や労働災害などで手足を失ったり、体幹機能に障害のある人に対して、その機能を代替する器具や治療に必要な器具機械を製作して適合させる技術者のための資格。
資格は厚生労働大臣が指定する義肢装具士養成所で教育を受け国家資格に合格して取得となる。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
学歴
130人

受験資格
1.大学入学有資格者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した義肢装具士養成所において3年以上義肢装具士として技能な知識および技能を修得した者
2.大学などで1年以上修業して所定の科目を修め、義肢装具士養成所などで2年以上義肢装具士として必要な知識・技能を修得した者
3.外国の義肢装具の製作適合等に関する学校を卒業した者で、厚生労働大臣が1.と同等の知識・知能をもつと認定した者ほか
試験内容
以下の6科目について、多肢選択、マークシート方式 の試験をを行う
1.臨床医学大要(臨床神経学、整形科学、リハビリテーション医学、理学療法、臨床心理学および関係法規を含む
2.義肢装具工学(図学、製図学、機構学、制御工学、システム工学、リハビリテーション工学)
3.義肢装具材料学(義肢装具材料力学を含む)
4.義肢装具生体力学
5. 義肢装具採型、・採寸学
6. 義肢装具適合学
▼ポイント
視覚、聴覚、音声機能、言語機能に障害をもつ者は、申請により、受験時に必要な配慮が講じられることがある。
試験日
3月上旬
試験地
東京都
申し込み
所定の書類をテクノエイド協会に直接あるいは郵便書留で提出
受験料
65.900円
問い合わせ先
(財)テクノエイド協会
東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ4階
http://www.techno-aids.or.jp/

義肢装具士に関連する書籍

posted by 資格取得 at 19:00 | 福祉・医療