2010年03月05日

歯科技工士

歯科医師の指示に基づいて、義歯や充填物、矯正装置の作成・修理、加工にあたるための資格。
活躍の場には歯科医院、歯科技工所などがある。
資格を取得するには、歯科技工士養成学校を卒業後、都道府県知事が行う歯科技工士試験に合格し免許を受けることだ。


資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
学歴
--
--

受験資格
1.文部科学大臣の指定した歯科技工士学校の卒業者・卒業見込み者
2.厚生労働大臣指定の歯科技工士養成所の卒業者・卒業見込み者
3.歯科医師国家試験または歯科医師国家試験予備試験を受けることができる者
4.外国の歯科技工士学校あるいは歯科技工士養成所を卒業、または外国で歯科技工士の免許を受けた者で厚生労働大臣が上記1.2.3.と同等以上の知識および技能を有すると認めた者
▼ポイント
厚生労働大臣・文部科学大臣指定の歯科技工士工学校・養成所は全国で61校ある。
歯科技工士に関する情報や養成学校の一覧は日本歯科技工士会のウェブサイトで閲覧可能→http://www.nichigi.or.jp/
試験内容
【学説試験】
1.歯科理工学
2.歯の解剖学
3.顎口腔機能学
4.有床義歯技工学
5. 歯冠修復技工学
6. 矯正歯科技工学
7. 小児歯科技工学
8. 関係法規
【実地試験】
歯科技工実技(全部床義歯の排列、歯肉形成ほか)
試験日
各都道府県ごとに年1回、2月中旬あるいは下旬の2日間
試験地
全国各地
申し込み期間
1月中旬
受験料
各都道府県による
問い合わせ先
各都道府県衛生主管課
 
 


歯科技工士に関連する書籍

posted by 資格取得 at 20:17 | TrackBack(0) | 福祉・医療
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36034624

この記事へのトラックバック