2010年03月08日

臨床工学技士

人口呼吸器、人工心肺装置、血液透析装置などの操作と保守点検を医師の指示のもとで行う。近年の医療機器の進歩は著しく、国家試験に合格し、厚生労働大臣から免許を受けた臨床工学技士は医学工学の専門知識をもつ者として重要な役割を担っている。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
学歴
1.816人

受験資格

1.大学入学有資格者で、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所において3年以上、臨床工学技士として、必要な知識・技能を修得した者
2.大学その他で2年(高等専門学校にあっては5年)以上修業し
厚生労働大臣の指定する科目を修め、文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した臨床工学技士養成所において1年以上、臨床工学技士として必要な知識及び技能を修得した者
3.大学で、公衆衛生学、医学概論、解剖学、生理学、医用工学等の厚生労働大臣が指定する25科目を修めて卒業した者ほか

試験内容
以下の9科目について、多肢選択、マークシート方式 の試験を行う
1.医学概論(公衆衛生学、人の構造および機能、病理学概論および関係法規を含む)
2.医rんしょう医学総論(臨床生理学、臨床生化学、臨床免疫学および臨床薬理学を含む)
3.医用電気電子工学(情報処理工学を含む)
4.医用機械工学
5. 生体物性材料工学
6. 生体機能代行装置学
7. 医用治療機器学
8. 生体計測装置学
9. 医用機器安全管理学
試験日
3月上旬
試験地
北海道、東京都、大阪府、福岡県
申し込み
所定の書類を医療機器センターへ直接または書留郵便で提出
受験料
30.900円
問い合わせ先
(財)医療機器センター試験事業部
東京都文京区本郷3-42-6 NKDビル
http://www.jaame.or.jp/

臨床工学技士に関連する書籍
posted by 資格取得 at 17:53 | 福祉・医療