2010年03月10日

柔道整復師

近年は、柔道をはじめ、スキー、サッカーなど打撲、ねんざ、脱臼、骨折などのけがをしやすいスポーツの人気が高まっていて柔道整復師の活躍の機会も増えています。
柔道整復師の資格を取得するには、(財)柔道整復研修試験財団が行う試験に合格し免許を受ける。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
学歴など
6,702人
★★

受験資格
1.学校教育法第56条の規定により大学に入学することのできる者で3年以上文部科学大臣が指定した学校または厚生労働大臣が指定した柔道整復師養成施設で必要な知識・技能を修得した者(試験実施年の3月までに修業または卒業見込みの者を含む)
2.1990年の改正柔道整復師法施行の際、法改正前に旧文部大臣が指定した学校または旧厚生大臣が指定した養成施設で必要な知識・技術の習得を終えた者ほか
試験内容
以下の11科目について多肢選択、マークシート方式 の試験を行う
1.解剖学
2.生理学
3.運動学
4.病理学概論
5. 衛生学・公衆衛生学
6. 一般臨床医学
7. 外科学概論
8. 整形外科科学
9. リハビリテーション医学
10. 柔道整復理論
11. 関係法規
▼ポイント
視覚、聴覚、音声機能、言語機能に障害をもつ受験希望者は柔道整復研修試験財団に申請することで、受験時にその障害の状態に応じて必要な配慮が講じられることがある。
試験日
3月上旬
試験地
北海道、宮城、東京、石川、愛知、大阪、広島、香川、福岡
受験料
23.300円
問い合わせ先
(財)柔道整復研修試験財団
東京都港区高輪3−25−33 長田ビル4階
http://www.zaijusei.com/

柔道整復師に関連する書籍


posted by 資格取得 at 18:44 | 福祉・医療