2010年03月12日

高等学校卒業程度認定試験

高校を卒業していないなどの理由から大学入試資格がない者に対して、高校卒業者と同等以上の学力の有無を認定する。
合格者は国・公・私立の大学または短大、専門学校を受験できる。
また各種の国家試験を受ける際などに、高校卒業者と同じ扱いを受ける。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
年齢など
13.313人
★★★★

受験資格
試験実施年度の3月31日までに満16歳以上になる者
(全日本高等学校等の在籍者も受験可能。だたし、すでに入学資格をもっている者は受験できない。また満18歳未満の者がすべての科目に合格したときは満18歳の誕生日から合格者になる)
試験内容
【必須科目】(8科目または9科目)
1.国語
2.地理歴史(世界史AかBのうち1科目と、日本史A・B、地理A・Bのうち1科目
3.公民(現代社会1科目または倫理と政治・経済の2科目)
4.数学
5. 理科(理科総合、物理T、化学T、生物T、地学Tのうち2科目)
6. 外国語(英語)
▼ポイント
次の者は出題の際に必要な証明書を願書に添えて申請すれば、対象科目の受験が免除される
1.高校、高専、旧中学校などで一定の単位、科目を修得した者
2.知識および技能に関する審査(技能審査)に合格した者ほか
試験日
【第一回】8月上旬の2日間
【第二回】11月中旬の2日間
申し込み期間
【第一回】5月上旬〜下旬
【第二回】 9月上旬〜中旬
受験料
7〜9科目…8.500円
4〜6科目…6.500円
1〜3科目…4.500円
問い合わせ先
文部科学省生涯学習政策局生涯学習推進課認定試験
第一・二係
東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
http://www.mext.go.jp/

高等学校卒業程度認定試験に関連する書籍


posted by 資格取得 at 20:02 | 教育・教養