2010年03月15日

社会教育主事・社会教育主事補

社会教育主事は都道府県および市町村の教育委員会事務局に置かれる専門職で、任用資格と呼ばれるもののひとつになる。
公民館や図書館などの社会教育施設の職員や青少年団体の指導者らに対し運営や活動について指導や助言を行う。社会教育主事補はその補助職。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
学歴など
--
--

資格取得
要件
1.大学に2年以上在学して62単位以上を修得した者または高専を卒業した者で所定の業務を3年以上経験し、文部科学大臣の委嘱を受けた大学等が行う社会教育主事の教習を修了した者
2.教育職員の普通免許状をもち、文部科学大臣が指定する教育に関する職に5年以上従事した者で、所定の講習を修了した者
3.大学に2年以上在学して62単位以上を修得し、かつ大学において文部科学省令で定める社会教育に関する科目の単位を修得した者で1年以上、所定の業務にあたった者
4.社会教育主事講習修了者で、社会教育の専門的事項に関し前各項の者と同等の教養と経験があると都道府県教育委員会が認めた者
講習内容
1.生涯学習概論
2.社会教育計画
3.社会教育演習
4.社会教育特講
▼ポイント
大学で社会教育に関する科目の単位を修得していれば、当該科目の単位を修得したことを証明する書類等を提出し、講習を実施する大学等の判断で科目代替(講習の受講の免除)される
講習日
6月中旬〜8月下旬の約1ヶ月間(年度大学などにより異なる)国立教育政策研究社会教育実践研究センター(東京)の場合は、7〜8月、翌年1〜2月の年2回
講習地
14の大学および教育機関
講習料
宿泊等の実費負担。年度、大学により異なる。
問い合わせ先
文部科省生涯学習政策局社会教育課指導研修係
東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
http://www.mext.go.jp/

社会教育主事に関連する書籍

posted by 資格取得 at 18:07 | 教育・教養