2010年03月15日

TOEIC Bridge

TOEICテストへの懸け橋として1.づけられた、基礎的なコミュニケーション能力を評価する世界共通のテスト。
英語の初級者から中級者まで対象としており、試験問題は日常的で身近な内容を扱ったりリスニング問題と読解問題で構成されている。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
155.000人
--

受験資格
誰でも受験できる
試験内容
試験はすべて英文のみで構成されている。試験結果は合否ではなく、トータル20〜180点のスコアによって評価される
【リスニングゼクション】(マークシート方式 、50問、25分)
放送される会話やナレーションを聞いて設問に答える(10〜90点)
part1 (4肢択一)…写真描写問題(的確な写真説明文の選択)
part2 (3肢択一)…応答問題(質問に対する答えの選択)
part3 (4肢択一) …会話問題(会話文等に関する質問の答えの選択)
【リーディングセレクション】(マークシート方式 、50問、35分)
印刷されている問題を読んで設問に答える(10〜90点)
part4 (4肢択一) …文法・語彙問題(不完全文章の完成)
part5 (4肢択一) …読解問題(文章に関する質問の答えの選択)
▼ポイント
1.トータルスコア150点以上がTOEICテスト受験の目安
2.Functions(言葉の働き)、Listening Stategies (聞く技術)、Reading Stategies(読む技術)、Vocabulary(語彙)、Grammar(文法)の5分野3段階のサブスコアも標示される
試験日
6,9,11月、翌年3月の年4回
試験地
札幌、仙台、埼玉、千葉、東京、大阪、神戸、福岡など、全国13都市の学校・公共機関の施設
受験料
4.200円
問い合わせ先
(財)国際ビジネスコミュニケーション協会TOEICBridge事務局
 
http://www.toeic.or.jp/

TOEIC Bridgeに関連する書籍
posted by 資格取得 at 19:12 | 語学