2010年03月17日

実用フランス語技能検定

フランス語の力を養うことを目的とした検定試験で、オールラウンドな能力が試される。試験は準1・2級も含め5級から高度なフランス語の語学力が認められる1級までの7段階となっている。
1981年来受験者総数は延べ60万人も達している。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
8,174人
★★★

受験資格
誰でも受験できる
試験の水準
【5級】
初歩的な日常フランス語を理解し、読む、聞く、書くが可能
【4級】
基礎的な日常フランス語を理解し、 、読む、聞く、書くが可能
【3級】
文構成についての基本的な学習を一通り終了
【準2級】
日常生活で平易なフランス語を使いこなすことが可能
【2級】
一般的なフランス語の読む、聞く、書くが可能
【準1級】
多用な分野に関してフランス語を活用することが可能
【1級】
フランス語を実地に役立てる職業で即戦力となる
試験内容
【5〜3級】1次試験…筆記、聞き取り
【準2〜1級】1次試験…筆記、聞き取り、書き取り
【準2〜1級】2次試験 …個人面接
試験日
春季…1次試験6月下旬 
2次試験7月中旬
秋季…1次試験11月下旬
2次試験翌年1月下旬
試験地
1次…全国主要都市の40会場
2次…札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡などの20会場
▼ポイント
3・2・準1・1級はパリ会場でも実施
受験料
【5級】 3.000円
【4級】 4.000円
【3級】5.000円
【準2級】6.000円
【2級】7.000円
【準1級】9.000円
【1級】11.000円
問い合わせ先
(財)フランス語教育振興協会仏検事務局
東京都千代田区九段北1-8-1九段101ビル6F
http://apefdapf.org/

実用フランス語技能検定に関連する書籍
posted by 資格取得 at 19:08 | 語学