2010年03月19日

ドイツ語技能検定

ドイツはヨーロッパ統合をすすめる上で重要なキーワードであり日本とヨーロッパの文化、経済交流において今後ますますドイツ語能力が重要視さると予想される。
ドイツ語能力向上への寄与を目指す検定試験となっている。


資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
7.759人
★★★

受験資格
誰でも受験できる
試験の水準
【5級】 初歩的なドイツ語を理解し、簡単な表現や文が運用できる
【4級】 基礎的なドイツ語を理解し、日常生活上の表現が運用できる
【3級】初級文法全般の知識があり、簡単な会話や文章が理解できる
【2級】文法や語いの十分な知識があり、会話や文章が理解できる
【準1級】ドイツ語圏で生活できる標準的なドイツ語の力が十分ある
【1級】専門的なテーマの文章を理解し、意見をのべることができる。
▼ポイント
5級と準1級は2008年11月試験から開始
試験内容
【5・4・3・2級】
1次筆記、聞き取り(一部書き取りも含む)
【準1・1級】
1次-筆記、聞き取り、書き取り
2次-ドイツ語を母国語とする人および日本人による口述試験
試験日
【5・4・3・2級】 1次6月下旬と11月下旬の年2回
【準1・1級】1次…11月下旬 2次…翌年1月下旬
試験地
1次全国約30都市の大学
2次札幌、東京、大阪、広島、福岡
受験料
【4級】 4.000円
【3級】6.000円
【2級】8.000円
【1級】10.000円
問い合わせ先
(財)ドイツ語文学振興会独検事務局
東京都文京区本郷5丁目29-12-1006
http://www.dokken.or.jp/

 


ドイツ語技能検定に関連する書籍
posted by 資格取得 at 16:39 | 語学