2010年03月22日

国際公務員

外務省では経費を負担し将来正規の国際公務員を志望する若手邦人を原則2年間国際機関に派遣し国際機関勤務を経験することで専門知識をより深め国際的業務を積む機会を提供する制度を設けている。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
国家資格
年齢など
--
--

受験資格
1.受験年の4月1日現在、35歳以下の者
2.大学院修士課程修了または受験翌年6月までに修了見込みの者
3.英語またはフランス語で職務遂行が可能な者ほか
試験の内容

【第一審査験】
書面審査、語学審査(英語またはフランス語を選択)
1.英語希望者は、TOEFLスコアまたは国連英検特A級を合格した際の第1・2次試験結果を提出
2.フランス語希望者は、パリ商工会議所主催のフランス語能力認定試験TOEFLを提出
【第二次審査】(第一次審査合格者が対象)
面接審査…東京、ジュネーブ、ニューヨークから希望受験地選択
▼ポイント
1.TOEFLとTEFは試験実施年の前年試験結果の得点が審査対象となる
2.受験語以外の国連公用語(スペイン語、ロシア語アラビア語、中国語)が使用可能な場合は審査の際考慮される

問い合わせ先
外務省総合外交政策局国際機関人事センター
千代田区霞が関2−2−1外務省中央庁舎5階
http://www.mofa-irc.go.jp/

国際公務員に関連する書籍

posted by 資格取得 at 17:57 | 語学