2010年03月22日

CBS

国際化と業務の多角化により日本の産業界でも優れたバイリンガル・セクレタリーのニーズが急速に高まっている。
この検定には英語の能力だけでなく正しいコミニュケーションを通じて異文化間の橋渡しができる人材の育成を目的としている。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
--
★★★★★

受験資格
誰でも受験できる
試験の内容
【プライマリー試験】
1.オフィス実務
2.ビジネス日本語
3.ビジネス英語
【ファイナル試験】
1.秘書適正、秘書業務管理、レコードマネジメントおよび経営、会計・法律に関する知識
2.秘書実務(In-Basket方式による審査)
3.英文ビジネス文書に関する知識と応用
4.日英両語による面接
▼ポイント
1. In-Basket方式…秘書の日常業務を一定期間内に正確かつ迅速に処理する能力の評価方式のこと
2.プライマリー合格者のみがファイナルを受験することができる
合格科目は4年間有効で、その間は不合格科目のみ再受験が可能
3.試験前にプライマリーセミナー(4月)、ファイナルセミナー(7月)が開催される
試験日
プライマリー試験…5月下旬
ファイナル試験…9月下旬の2日間
試験地
プライマリー試験…東京都、名古屋市、大阪市
ファイナル試験 …東京都
受験料
プライマリー試験…12.000円
ファイナル試験 …20.000円
問い合わせ先
(社)日本秘書協会CBS検定係
東京都港区六本木6-2-31 六本木ヒルズノースタワー5F
http://www.hishokyokai.or.jp/
posted by 資格取得 at 19:16 | 語学