2010年05月05日

バイオ技術者認定試験

バイオ技術の進歩に対応して、遺伝情報利用や増殖機能利用、生物由来材料利用などの知識と技術を実際にバイオテクノロジーにに応用しえる資質を認定する。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
学歴など
1.893人
★★

受験資格
【初級】
高校のバイオ技術に関する課程修了の在校生
【中級】
1.大学、短大、専門学校のバイオ技術関連課程を卒業した者、または2学年修了者および卒業見込みの者
2.高専のバイオ技術関連課程を卒業した者および見込みの者
3.高卒後、バイオテクノロジー関連業務における実務経験3年以上の者
4.前項と同等であること、日本バイオ技術教育学会が認めた者
【上級】
1.中級バイオ技術者認定試験に合格し認定証を取得した者
2.大学のバイオ技術関連課程の3年次修了見込みの者、卒業見込み者
3.3年制専門学校の卒業者または卒業見込みの者
試験内容
以下の科目について、マークシート・多肢選択の試験を実施
【中級】
1.バイオテクノロジー総論…環境と安全性バイオ機器・英語
2.生化学
3.微生物学
4.分子生物学
5. 遺伝子工学
【上級】
1.基礎バイオテクノロジー…核酸・たんぱく質、安全管理、バイオ機器
2.応用バイオテクノロジー…微生物 バイオテクノロジー、動物バイオテクノロジー、植物バイオテクノロジー
※初級に関しては事務局へ問いあわせ
試験日
初級
7月中旬の6日間から学校の指定日
中・上級
2月上旬
試験地
全国各地の学友会会員の専門学校および大学
問い合わせ先
特定非営利活動法人日本バイオ技術教育学会認定試験事務局
東京都渋谷区神宮前3−42−11ローザビアンカ302
http://homepage2.nifty.com/biogakkai/

バイオ技術者認定試験に関連する書籍
posted by 資格取得 at 18:56 | 自然

グリーンセイバー検定

植物や自然環境、生態系に関する幅広い知識を身につけ生態関係の保護・育成に貢献する人材育成を目的に設立。
ベイシック、アドバンス、マスターの3つで構成されマスター以外は同時受験が可能。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
なし
--
--

受験資格
誰でも受験できる
マスターはアドバンス合格者のみ
試験内容
【ベイシック】筆記試験
1.植物の基礎知識
2.生態系と自然保護
3.植物の栽培・管理
4.植物の文化・めぐみ
【アドバンス】筆記試験
1.植物の自然史
2.植物と文化・習俗
3.植物の保護とその技術
4.生態系と自然保護
【マスター】筆記試験
1.自然のとらえ方
2.自然との共生
3.自然の学び方
4.持続可能な循環社会を目指して
▼ポイント
樹木・環境ネットワーク協会では、検定試験に備えたセミナーと検定後に野外スクリーリングを実施
試験日
【ベイシック・アドバンス】6月上旬
【マスター】12月上旬
試験地
【ベイシック・アドバンス】
北海道、東京、大阪、愛知、山口
【マスター】
東京、大阪
申し込み
樹木・環境ネットワーク協会グリーンセイバー事務局へ郵便局備え付けの振込用紙で受験料を振り込む
受験料
【ベイシック・アドバンス】
各5.000円(同時受験の場合は10.000円)
【マスター】
8.000円
問い合わせ先
特定非営利活動法人樹木・環境ネットワーク協会
東京都新宿区住吉町1-20角張ビル4F
http://www.shu.or.jp/

グリーンセイバーに関連する書籍

posted by 資格取得 at 18:34 | 自然