2010年05月07日

スクーバ・ダイビング

ダイビングには国が定める免許は必要ないが、安全のために講習を受けて技術を習得する必要がある。
多数のダイビング指導機関が独自の基準で認定証を発行するが世界最大規模のシェアを誇るPADIのCカードを紹介。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
年齢
--
--

受講資格
15歳以上(それぞれシニアコースは10歳以上)
資格の区分
【PADIスクーバ・サイバーコース】
1.PADIのプロフェッショナル・メンバー引率によるダイビング
2.水深12メートルまでのダイビングが可能
3.ダイビング器財の購入やレンタルなどのサービスが受けられる
【PADIオープン・ウォーター・ダイバーコース】
1.自ら計画を立て、バディ・システム(2人1組)でダイビング
2.インストラクター引率なしで好コンディション の海でダイビング
3.上級コースやスペシャルティコースに参加できる
講習内容
学習講習(スクーバは3セッション、オープンは5セッション)
1.ダイビングテクニック紹介
2.器財紹介
3.水中環境ほか
プール講習 (スクーバは3セッション、オープンは5セッション)
器財のセッティング
2.呼吸法の習得
3.緊急時の対応ほか
海洋実習(スクーバは2ダイブ、オープンは4ダイブ)
最大深度18メートルまでの安定した浅場水域で実施
講習日
通年(学科、プール、海洋いずれも以下のコースより選択)
1.アフターファイブ
2.平日の昼間
3.ウィークエンド
4.短期集中合宿
5. 海外ツアー
講習地
全国各地のダイブショップ
申し込み
通年
講習料
ダイブショップにより異なるが、コース料金は3万円程度から
問い合わせ先
PADIジャパン
東京都渋谷区恵比寿南1−20−1
http://www.padi.co.jp/

スクーバ・ダイビングーに関連する書籍
posted by 資格取得 at 18:44 | レジャー

エアロビックダンスエクササイズインストラクター

エアロビックダンスは身体の酸素摂取能力の向上を図る健康方法。エアロビックダンスの指導者は略してADIとも呼ばれる。
指導者として最低限知っておくべき理論と実技を確認するため日本フィットネス協会が資格認定テストを実施している。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
年齢など
726人
★★★

受験資格
18歳以上であれば誰でも受験できる
講習内容
筆記試験(5肢選択式)
1.フィットネス概論
2.運動生理学
3.機能解剖学
4.運動栄養学
5. 運動処方ほか
実技試験
第1部
メインエクササイズ(有酸素運動部分)の指導
1.アップ…運動強度が徐々に上がるプログラムの指導
2.ダウン…運動強度が徐々に下がるプログラムの指導
第2部
コンディショニングエクササイズの指導
1.筋力の強化のエクササイズ
▼ポイント
1.認定テストの前日に確認と試験準備のために理論と実技指導に関するワークショップを開催。認定テストの受験のみワークショップの受講のみも可
2.協会認定のADIの養成を修了すると実技試験が免除
講習日
年に10〜15回実施
講習地
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、松山、福岡ほか
申し込み
日本フィットネス協会へ電話予約のうえ顔写真貼付の申込書を郵送
講習料
21.000円
(ワークショップ受講料は22.000円)
別途認定登録料として10.000円(2年間有効)
問い合わせ先
(社)日本フィットネス協会
東京都文京区本郷2−8−3 天野ビル4階
http://www.jafanet.jp/

posted by 資格取得 at 18:26 | レジャー

スポーツ指導者

スポーツニーズの高まりに応じ、的確な指導・アドバイスができる指導者が求められている。
日本体育協会とその加盟団体では各分野におけるスポーツ指導者の育成と資格認定を実施。

資格の種類
試験資格
前回の試験者数
難易度
民間資格
年齢など
--
--

受験資格
満18歳以上(資格により異なる)
※競技団体などの推薦や本会の承認などが必要な場合もある)
講習内容
1.共通科目(T〜Yまであり、資格により受講科目は異なる)
共通T…スポーツリーダー、ジュニアスポーツ指導員、指導員、アシスタントマネージャー、クラブマネージャー
共通T・U…スポーツプログラマー、上級指導員
共通T〜V…アスレチックトレーナー、コーチ、教師
共通T〜Y…上級コーチ、上級教師
共通科目の内容は以下のとおり
共通T…文化としてのスポーツ、指導者の役割、トレーニング論
共通U…社会のなかのスポーツ、スポーツと法、スポーツ組織の運営と事業、対象に合わせたスポーツ指導ほか
共通V…指導者の役割、アスリートの栄養・食事ほか
共通6Y…トップアスリートを取り巻く諸問題ほか
2.専門科目…資格の役割に応じた内容で、スポーツリーダーは除く
3.検定試験…各科目で実施。スポーツドクターは除く
講習日
資格・競技により異なる
講習地
資格・競技により異なる
申し込み
申込書を取り寄せ、必要事項を記入し、中央競技団体または都道府県体育協会へ申し込む
講習料
資格・競技により異なる
問い合わせ先
(財)日本体育協会の加盟中央競技団体
都道府県体育協会
(財)日本体育協会スポーツ指導者育成部指導(社)育成課
東京都渋谷区神南1-1-1 岸記念体育会館2階
http://www.japan-sports.or.jp/

スポーツ指導者に関連する書籍

posted by 資格取得 at 18:02 | レジャー